辛い肩こり。改善するには「回すこと」が大事

肩こり、辛いですよね。
肩こりが全然改善しないと、何もできないですよね。
仕事しようとしても、家事をしようとしても、何をするにもストレス。
ストレスも肩こりの原因になって悪循環。
そこで、今日は肩こりを改善するための簡単肩こりダンスを紹介します。
やり方はとっても簡単。
「回すだけ」でいいんです。
なんで肩を回すと肩こりの改善に良いのでしょうか?

肩こり、辛いですよね。
肩こりが全然改善しないと、何もできないですよね。
仕事しようとしても、家事をしようとしても、何をするにもストレス。
ストレスも肩こりの原因になって悪循環。
そこで、今日は肩こりを改善するための簡単肩こりダンスを紹介します。
やり方はとっても簡単。
「回すだけ」でいいんです。
なんで肩を回すと肩こりの改善に良いのでしょうか?

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

肩こり改善のポイント

肩こりの改善のポイントは「筋肉を動かすこと」なんです。
肩がこるというのはどういうことでしょうか?

肩こりは筋肉がこること

肩がこるのは筋肉がこるのが原因です。
筋肉を動かさなすぎることによって、血の流れが滞ってしまったっ結果、肩がこる、ということなんです。
さらに老廃物がたまったり、ストレスでさらに血の流れが悪くなったり。
肩こりの改善のポイントは筋肉を柔らかくしてあげることが大事なんです。

肩こり改善は生活習慣も

肩がこるのは生活習慣もポイント。
スマホをいじる時間が長い、座って編み物やパソコンをしていると、肩が凝りやすいんです。
これは筋肉が動かないからということもありますが、筋肉を緊張させてしまうこと。
筋肉が張ってしまうと、無理が祟ってしまうということです。

肩こり改善のためのダンスの効果

ポーズのポイント

ダンスのポイントは肩を弧を描きながら動かすこと。
できるだけ大きく回してあげることがポイントです。
ダンスのように楽しく繰り返したり、手を上にあげてみたりしても良いです。
とにかく、楽しく動かしてあげましょう!

肩こり改善のためのダンスの効果

肩の僧帽筋や肩甲挙筋を動かすことで、肩こりの改善に効果が期待できます。
ダンスをしながら楽しくやることもポイント。
ストレスは肩こりの原因になります。
毎日の習慣にして、しっかり肩を解放してあげましょう。

肩こり改善のためのやり方

1. 足は腰幅、骨盤に手を当てます

骨盤に手を当てて、動かしやすくしましょう。
なかなか改善しない方は、片手を片方の肩に置いて押さえてみてもいいでしょう。

2. 肩を上から回す

肩を上から前に回していきましょう。

3. 同じように肩を上から回す

同じ動作で後ろに動かしていきましょう。

Point. 肩は弧を描くように

肩は弧を描くように動かします。
しっかり大きく動かしていきましょう。

4. 回数は肩こりの辛さに合わせて

肩こりが酷い場合でも30回程度で。

 

肩こりの原因を知ることも大事

肩こりを改善するためには、生活の中での原因を知ることも大切です。
自分に当てはめて、考えてみてくださいね。

枕の選び方はこちら
https://lily.media/archives/4630/

姿勢 肩こり原因 肩こり改善方法
家事で 前かがみになっている 猫背にならないよう注意
仕事で 目とPCの距離が近い PC画面は50cm程度話す
仕事で 首が下がっている PCは目線の少し下くらい
スマホで スマホ肩 首を下げないように

 

以上、肩こりの改善のためのダンスと肩こりの原因について見ていきました。
とにかく、習慣はとっても大切です。
自分の生活を見直して、肩こりの元から改善していくように!

【監修】
パーソナルトレーナー;太田兄弟

習慣化なら、Lilyでやってみよう。
Lilyの無料アプリはこちらからダウンロード

 

合わせてやりたい!肩こり改善のためのエクササイズ

【肩こりの原因と解消の方法】簡単肩こり解消!くるみ割りエクサ

【肩こりの原因と解消の方法】簡単肩こり解消!くるみ割りエクサ

辛い肩こり放っておいて大丈夫?肩こりを軽減するヨガ:ひばりのポーズのやり方

辛い肩こり放っておいて大丈夫?肩こりを軽減するヨガ:ひばりのポーズのやり方

 

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード