長引くと危険!?その体の不調、「春バテ」ではないですか?

「春バテ」という言葉を聞いたことはありますか?
なんとこの春バテは、しっかり対策をとらないと、そのまま夏バテへ突入し、さらには“一年中バテ”になってしまう危険性があるんです!
今日は春バテの原因と対策についてご紹介します。

「春バテ」という言葉を聞いたことはありますか?

なんとこの春バテは、しっかり対策をとらないと、そのまま夏バテへ突入し、さらには“一年中バテ”になってしまう危険性があるんです!

今日は春バテの原因と対策についてご紹介します。

「春バテ」って…?

寒暖差や春特有の環境の変化、ストレスなどが原因で自律神経が乱れると、「だるい」「イライラ」「やる気がでない」などの症状が現れることがあります。
これらが「春バテ」の特徴です。

また、「日中の眠気」「頭痛」「夜眠れない」などの不調も春バテ特有の症状といえます。

皆さんも思い当たる体の不調はありますか?
いくつか当てはまったら、それは「春バテ」かもしれません。

 

春バテの原因

春バテの原因は大きく分けて2つあります。

原因①「気温の変動」

春は、寒暖の差が大きいことから自律神経が乱れやすく、「疲れ」や「だるさ」などの不調を感じやすくなります。

特に今年の冬は、全国的に厳しい寒さが続いた一方で、3月は平均気温が最も高くなるなど、気温の変動が大きくなっているため、春バテを訴える人が増えているそうです。

原因②「生活の変化」

そしてもう1つ、春ならではの原因が「生活の変化」です。

春は、卒業や入学、進学、転勤、異動、新生活のスタートなど、自分や身のまわりの生活が大きく変化する季節。
人間関係が大きく変わることで、ストレスもたまりがちになり、春バテしやすくなります。

このように自律神経の乱れは、様々な不調をもたらします。
体力がない方、冷えがつらいと感じている方などは、特に春バテの症状が出やすいそうです。

毎日できる「春バテ」対策

そんなやっかいな春バテですが、簡単にできる対策法があるんです!

対策①「お風呂の入り方を工夫する」

38~40℃の温度は、副交感神経を“お休みモード”にするため体がリラックスします。

さらに入浴剤に炭酸泉を使うと、自律神経が整いやすくなるそうです。
ぬるめのお風呂にゆったりと入ることを意識しましょう。

ゆったりと気持ち良い時間が、副交感神経を高めてくれます。

 

対策②「目もとを温める」

目もとを温めると、短時間で副交感神経が優位になり、リラックスできます。

温度は、目もとが気持ちいいと感じる約40℃が最適。
温めには蒸気をともなうアイマスクや蒸しタオルを使いましょう。

体も温まる上に眠りやすくなるため、毎日の習慣に取り入れてみてください♪

 

新生活を頑張るあなたへ

今回ご紹介した「春バテ」ですが、軽く見てはいけません!

早めに対策をとらないと、その先で「五月病」にもかかりやすくなる恐れがあり、その後も、体調が悪いまま続く可能性があります。そうなったら“一年中バテ”になる可能性もあるんです!

身体に不調が現れたら、それは春バテかもしれません。
無理を続ける前に早めに休息をとりましょう。

また、春バテにならないためには毎日の積み重ねが大切です。小さなことから少しづつ、生活習慣の改善に取り組み、規則正しい生活を心がけていきましょう。

新生活、頑張ってくださいね!

【監修】

医師:澤柳すばる


合わせて読みたい!健康に関する記事

春うつを防ごう!春うつの原因と5つの対策方法

【健康の基本のキ】自律神経って?「これだけ抑えておけばダイエットにも!?」

最近寝れてる?睡眠のためのマインドフルネス

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード