日焼け止めの効果的な使い方とは?紫外線からお肌を守ろう!

最近老けたなと思ったあなた、実は紫外線が原因かもしれません。
自分に合った日焼け止めを選ぶのって、なかなか大変ですよね。
今回は紫外線の肌への影響と、日焼け止めの種類・使い方について紹介します。
紫外線からお肌を守って、美肌になりましょう!

紫外線が強い季節になってきましたね!
きちんと日焼け対策してますか?
自分に合った日焼け止めを選ぶのって、なかなか大変ですよね。
今回は紫外線が及ぼす肌への影響と、日焼け止めの種類・使い方について紹介します。
紫外線からお肌を守って、美肌になりましょう!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

紫外線が肌に及ぼす影響

紫外線の種類は主に
・紫外線A波=UV-A
・紫外線B波=UV-B
・紫外線C波=UV-C
この3つです。
肌に直接影響を及ぼすのはUV-AとUV-Bの2つになります。
3つ目のUV-Cは、地上に降りてこない紫外線なので影響はほとんどありません。
では、UV-AとUV-Bが肌に及ぼす影響はどのようなものがあるのでしょうか?

UV-Aの特徴

・年間を通じて照射されています。
・肌をすぐに黒くする原因となる紫外線です。
・肌にあるコラーゲンを破壊してしまうので、肌のハリの低下やたるみなども引き起こし、さらに、シワも出来やすくなってしまいます。
・ガラスを通すため、室内でも注意が必要です。

UV-Bの特徴

・夏場に照射量が増えます。
・日差しを浴びた数時間後に、肌に赤く炎症を起こす原因となる紫外線です。
・シミの原因であるメラニンを作る細胞を活性化させてしまったり、肌ダメージの回復を遅くして肌荒れも起こしてしまいます。
・ガラスを通さないため、注意が必要なのは晴れた日の屋外です。

日焼け止めの仕組み

日焼け止めには、紫外線が肌の内部に届くのを防ぐ成分が含まれています。
それは、紫外線錯乱剤と紫外線吸収剤です。
女の子の肌を守っているのはこの2つの成分なんですね!
そういえば、日焼け止めといえばSPFとかPAとか英語の表記がよく見られますが、実はこれは日焼け止めの効果の示す表記なんですよ。
次にそれぞれの説明をしていきますね!

日焼け止めの成分

紫外線錯乱剤

紫外線を反射させることで肌の日焼けを防ぎます。
肌に対しても比較的負担になりにくく、肌の弱い人用に紫外線散乱剤のみで作られている日焼け止めも存在しています。

紫外線吸収剤

紫外線を肌の表面で吸収し、そのエネルギーを熱に変換することで肌を守ります。
肌に対して比較的負担が大きいとされています。

日焼け止めのブロック方法

PA

+の数でUV-A防止効果を表す数値です。
+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高くなっています。

分類表示 効果の度合い
PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

SPF

UV-Bの防止効果を表す数値です。
赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を、何倍に伸ばせるかの目安になります。
ただし、日焼け止めを適量塗っていなければ、表示されている数値通りの効果を発揮させることはできないので注意が必要です。

日焼け止めの種類

日焼け止めの種類 特徴
クリームタイプ 他の日焼け止めに比べると、高い保湿力があります。しかし、油分が多いため、肌荒れ・ニキビの原因になることもあるので注意が必要です。
ミルクタイプ 肌馴染みが良いので、このタイプはメジャーです。紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプのものが多いので、お肌に優しく、敏感肌の方にオススメします。
ローションタイプ 軽いテクスチャーなので、肌馴染みがとても良いです。ただ、他のタイプよりもSPF・PA値が低いため、屋外スポーツなどではなく日常使いに向いています。
ジェルタイプ さらっとしたつけ心地なので、気軽に全身に使うことができます。ただし、刺激が強い成分が入っていることが多いので、乾燥肌や敏感肌の方にはあまりオススメできません。
スプレータイプ 手の届かないところにも簡単に塗ることができます。しかし、塗りムラができたり、周囲に飛び散ったりするので注意が必要です。
パウダータイプ 比較的にお肌に優しいことが多く、落としやすいので、敏感肌の方にオススメです。ただし、簡単に落ちてしまうので、こまめに塗り直しをしないといけません。

日焼け止めの効果的な使い方

自分の肌・用途にあった物を使用する

SPF・PAが高いものは肌への刺激も強くなります。
紫外線を多く浴びるシーンではSPF・PAの高いものを、デイリーでは低いものをといった具合に、用途に合ったものを使いましょう。
時間が経過すると汗や皮脂とともにだんだんと日焼け止めがとれていくので、こまめに塗りなおすほうが効果的です。

【日焼け止めの用法】日常での使い方の目安

・黒くならず赤くなるだけの人は SPA30:PA+++
・赤くなった後黒くなる人は SPA20:PA++
・すぐに黒くなる人は SPA10:PA+
程度の数値を目安にしましょう。

【日焼け止めの用法】屋外でスポーツをするときの目安

・黒くならず赤くなるだけの人は SPA50:PA+++
・赤くなった後黒くなる人は SPA30:PA+++
・すぐに黒くなる人は SPA20:PA+++
程度の数値を目安にしましょう。

【日焼け止めの用法】炎天下でレジャースポーツをするときの目安

・黒くならず赤くなるだけの人は SPA50:PA++++
・赤くなった後黒くなる人は SPA40:PA+++
・すぐに黒くなる人は SPA30:PA+++
程度の数値を目安にしましょう!
汗もかいてしまうと思うので、汗や水に強いウォータープルーフタイプがオススメです!


以上、紫外線の肌への影響と、大切なお肌を守る日焼け止めの種類・使い方について紹介しました。
ほとんどの肌トラブルは紫外線が原因といっても過言ではありません。
今までなんとなく日焼け止めを選んでいたという方も、自分の目的に合った日焼け止めを選んでしっかり対策しましょう!
また、下記に美肌になるための記事をまとめたのでぜひ読んでみてください。

合わせて読みたい!美肌になるための記事

美肌の習慣「綺麗な肌を手に入れる大切な3つのこと」

美肌の習慣「綺麗な肌を手に入れる大切な3つのこと」

毎日ナッツで美肌効果!ナッツの持つ健康と美容への効果とは?

毎日ナッツで美肌効果!ナッツの持つ健康と美容への効果とは?

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード