紫外線は美白の大敵!原因・タイプ別シミのケア方法♡

美白の大敵といえば、シミ。
ちゃんと紫外線対策もしているし、美白化粧品も使ってケアしているはずなのに、なぜか増えていくシミ。
実はシミのタイプは一つではないんです。
原因によってケアの方法が違ってくるので、シミについて知っていきましょう!

美白の大敵といえば、シミ。
ちゃんと紫外線対策はしているし、美白化粧品も使ってケアしているはずなのに、なぜか増えていくシミ。
実はシミのタイプは一つではないんです。
原因によってケアの方法が違ってくるので、シミについて知っていきましょう!

シミができる原因

シミの原因は様々ありますが、大きな要因は、紫外線です。
紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいますし、曇っていても地上に届きます。
なので美白化粧品は、「夏だけ使っておけば大丈夫!」なんて考えは、大きな間違いです!
ほとんどの美白化粧品の成分は、シミをなくしたり、肌を白くする効果というより、肌を黒くするのを防ぐ成分が多いんです。
紫外線対策や、美白化粧品での対策は、一年中する必要があるんですね。
また、シミの原因は、紫外線によるものだけではありません。

シミのタイプ別の原因と見分け方

シミタイプ1. 老人性色素斑 

見分け方・特徴

頬骨の高いところにできやすく、直径数ミリから数十ミリの様々な大きさの、丸い色素斑です。
顔、腕、手の甲、など、紫外線を浴びやすいところにできるのが特徴です。

原因

紫外線の影響や肌の老化によってメラニンが蓄積することでできるシミです。
シミは、ターンオーバーによって肌の表面に出てきて、そして肌の外に排出されていきます。
しかし、加齢や紫外線でダメージを受けていると、ターンオーバーがうまくいかずに残ってしまうんです。
シミの中では、この老人性色素斑が一番多いタイプです。

シミタイプ2. 雀卵斑 

見分け方・特徴

直径2~3mmの点状に広がるシミで、三角や四角の場合が多く、薄い茶色のものがほとんどです。

原因

雀卵斑は、いわゆるそばかすです。
ヨーロッパはそばかすがある人が多いですが、日本でもそばかすがある人は色白さんに多いです。
雀卵斑は、遺伝的な要因でできてしまいます。
幼児期から思春期にかけて目立つ傾向にありますが、思春期から中年にもそばかすはできます。
紫外線の影響で濃くなることもあるので、普段から日傘、日焼け止め、袖のある服、などでシミ対策をしましょう!

シミタイプ3. 炎症後色素沈着

見分け方・特徴

赤から黒色まで様々な色なシミがあります。
ニキビがができやすかったり、ニキビを潰してしまう人に多いです。

原因

ニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が治った時にできるシミです。
一般的な老人性色素斑と見分けるのが難しいみたいです。
毛抜きでむだ毛を抜いていると毛穴まわりが黒く跡になったり、洗顔の刺激でもシミになってしまいます。

シミタイプ4. 肝斑

見分け方・特徴

左右対称にシミができ、平経とともに薄くなったり、消えたりするという特徴があります。
30代〜40代の女性に多く見られます。

原因

紫外線による影響や、女性ホルモンの崩れた時にできることが多いシミです。
肝斑は、妊娠中やピル服用との影響も指摘されていることから、女性ホルモンの影響によってできるとされています。

シミのタイプ別ケア方法

老人性色素斑のケア方法


紫外線を避け、UVケア商品で紫外線を防ぐことが一番のシミ予防です。
ごく初期の薄いシミには、美白化粧品が有効です。
ただし、何年もの間蓄積されて、定着した濃いシミには、レーザー治療が必要になってきます。

雀卵斑のケア方法


雀卵斑は、いわゆるそばかすです。
雀卵斑も、紫外線を避け、日傘、日焼け止めなどのUVケア商品で紫外線を防ぐことが重要です。
遺伝的要素が強いせいか、美白化粧品の効果は出にくいので、どうしても気になる方は、レーザー治療を取り入れると綺麗に消えることもあります!

炎症後色素沈着のケア方法


美白化粧品が比較的に有効です。
しかし気にしすぎて、過剰なスキンケアで刺激しすぎると、刺激がメラニン合成を高めるので、スキンケアは優しく行ってください。
紫外線は炎症後色素沈着を悪化させるので、特にこのタイプのシミがある方は紫外線対策をしっかりしましょう!

肝斑のケア方法


紫外線を避け、UVケアで商品で紫外線を防ぎましょう。
サプリメントなど、内服薬のトラネキサム酸が効果が出やすいです!
美白化粧品によるケアも効果がります。
洗顔時のこすりすぎで肝斑が、発症、悪化、する場合もあるので、洗顔は優しく行うことが重要です。


以上、原因・タイプ別のシミのケア方法を紹介しました。
シミの種類って、こんなにあったんですね。
今までやってきたシミ対策や、スキンケアが間違っていた方もいたかもしれません。
しかしすべてのシミに共通するのが「紫外線は美肌の大敵」ということです!
まずは、紫外線対策がとても大切なので、それから自分に合ったシミのケアを行ってくださいね♩
この後に美肌に関する記事をまとめているので、ぜひ見てみてくださいね。

他にも知りたい!美肌のための方法

日焼け止めの効果的な使い方とは?紫外線からお肌を守ろう!

日焼け止めの効果的な使い方とは?紫外線からお肌を守ろう!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード