美肌になりたい!敏感肌の原因と改善方法とは?

あなたはどんな時にお肌が敏感になりますか?
紫外線や化粧品による外からの刺激、季節の変わり目、体調の変化など原因は様々ですよね。
どんな環境にいても健康且つ美肌でいられるように、お肌が敏感になってしまう原因を見つけて改善していきましょう!

あなたはどんな時にお肌が敏感になりますか?
紫外線や化粧品による外からの刺激、季節の変わり目、体調の変化など原因は様々ですよね。
どんな環境にいても健康且つ美肌でいられるように、お肌が敏感になってしまう原因を見つけて改善していきましょう!
Lilyのアプリはこちらからダウンロード
継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

まずは簡単に!敏感肌チェック

敏感肌は、健康な肌を持つ人よりも、「外からの刺激」に敏感に反応してしまう肌のことです。
早速、自分の肌が敏感肌なのか、以下の項目から当てはまるものをチェックして数えてみましょう!
・いつも使っていた化粧品が突然合わなくなったことがある
・日中顔がかゆくなることがある
・汗でお肌がかゆくなったり赤くなったりする
・季節の変わり目になるとお肌の調子が悪くなる
・化粧水をつけるとヒリヒリとしみることがある
・洗顔後、お肌が乾燥して突っ張る感じがある
・フェイスラインやTゾーンにニキビができやすい
・生理の前後にお肌に乾燥を感じる、あるいはニキビができやすい
さて、何個当てはまりましたか?
当てはまったのが4個以下だと、おおむねお肌の状態は良好です。
当てはまったのが5個以上だと、敏感肌である可能性が高いでしょう。

敏感肌の原因と改善方法

敏感肌になってしまう原因は、ズバリ「お肌のバリア機能の低下」です。
皮脂が十分に出ていなかったり、角質がはがれていたりすると、お肌を守る膜がなくなっていることになるので、紫外線や化粧品などの「外からの刺激」に非常に弱くなってしまいます。
どんなことがお肌に悪影響を与えているのでしょうか・・・。
お肌を傷つけている主な原因は3つです。

正しくないスキンケア

・熱いお湯やシャワーを直接顔に当てて洗顔している
・洗顔料を泡立てずに使用している
・1日に何回も洗顔をしている
・日焼け止めを塗っていない
上の項目に一つでも当てはまる方、お肌をどんどん傷つけている可能性があるので注意が必要です!
必要な皮脂を取り除き過ぎたり、角質をはがしてお肌の「保水力」を低下させてしまうので、このようなスキンケアは今すぐ控えましょう!

睡眠不足

睡眠が十分にとれていないと、外からの刺激(紫外線、花粉、塵など)で受けた細かい傷を自ら再生する力や、古い細胞を剥がして新しい細胞を表に出す機能(ターンオーバー)の力を低下させてしまいます。
寝付いてから3~4時間で熟睡できるような質の良い睡眠を心掛けましょう!

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化が著しい時期といえば「生理」ですよね。
生理前から生理中は、肌を美しく整える『卵胞ホルモン』と皮脂の分泌を活性化させる『黄体ホルモン』のどちらも分泌量が少なくなるので、肌がカサカサと乾燥し、肌荒れも多くなる時期です。
だからといって、美容効果の高い化粧品やパックなどを使用するとお肌が過敏に反応し、かえって肌荒れしやすくなります。
攻めたスキンケアはやめて、あえてシンプルなスキンケアをしてくださいね。

その化粧品、合ってる?簡単パッチテスト診断

初めて使う化粧品は不安がつきものですから、顔に直接使用する前にパッチテストをしましょう!
使いたい化粧品と絆創膏があればできる、簡単なパッチテストを紹介します。
入浴後など清潔な肌の状態で試してくださいね。
①絆創膏に試したい化粧品(化粧水や乳液)をつける。
②二の腕の内側に絆創膏を貼る。
③そのまま24時間待つ。
絆創膏をはがし、化粧品をつけた場所が赤くなっていたりかぶれていたりしたら、その化粧品は自分の肌に合っていないことがわかります。

外側だけじゃない!内側からのケアも肝心!

肌の乾燥や、そこからくる敏感肌は、体の内部の問題が影響していることがあります。
お肌につける化粧品と同じくらい食べ物について考えることも大切です!

ビタミンの摂取は欠かせない!

傷ついたお肌を再生してくれる力を持っている栄養素はビタミンです。
・ブロッコリー、芽キャベツ、ピーマンなどの野菜
・アセロラ、キウイ、いちごなどの果物
・ジャガイモ、サツマイモなどの芋類
これらの食べ物はビタミンが豊富なので、食事に取り入れることを心掛けましょう。
できるだけ過熱をして温かい状態で食べるとより効果的ですよ。
下記にビタミンを摂取できるレシピを紹介した記事を載せておきますね!

簡単で習慣にできる!本当に美容に良い食べ物4選

アルコールやカフェインはほどほどに

お酒やコーヒーなどを多量に摂取すると、せっかく取り入れたお肌に必要な栄養素を排出してしまいます。
お肌に水分や栄養が行き届かなくなってしまうので、「飲み過ぎ」には気を付けましょう!


以上、敏感肌についての改善方法を紹介しました。
もし現在敏感肌で悩んでいるとしても、日々のスキンケアや睡眠、食事の栄養を意識し改善すれば、健康な肌へ近づきます。
お肌の調子が良いと、気分も上がりますよね。
外側からも内側からも美肌作りのケアをして、健康な肌を目指しましょう!
合わせて美肌作りについての記事もまとめてみたのでみてみてください!

合わせて読みたい!美肌についての記事

日焼け止めの効果的な使い方とは?紫外線からお肌を守ろう!

美肌の習慣「綺麗な肌を手に入れる大切な3つのこと」

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード