あなたの頭痛は肩こりが原因?肩こり解消のための7つの方法

肩こりが頭痛の原因になるメカニズムを紹介しています。
また、肩こり解消に効く7つの方法も紹介しています。
しつこい頭痛に悩んでいる方は、できることから始めてまずは肩こりから解消させましょう。

ズキズキと痛む厄介な頭痛、実は肩こりが原因かもしれないことを知っていましたか?
肩こりを直して頭痛も治るなら一石二鳥ですよね。

今回は、肩こりが頭痛の原因になるメカニズムと、肩こりを解消する方法をまとめました。
肩こりと頭痛に悩んでいる方は参考にして、痛みからおさらばしましょう。

肩こりで頭痛が起きる原因とは?

まずは肩こりが頭痛の原因になるメカニズムから見ていきましょう。

肩こりってどんな状態


そもそも肩こりは肩の筋肉の張りや疲れの総称のことを指します。
長時間筋肉が緊張した状態が続くと、疲労物質がたまり、血行も悪くなるため、徐々に筋肉がこわばってくるのです。
老廃物が肩の周りに溜まって、神経を刺激すると「痛み」となり肩こりと認識されます。
実は肩は日常生活でも知らぬ間に使っており、疲労が溜まりやすい部位の一つなのです。

肩こりで頭痛が起きるメカニズム


肩を通る血管は首を通って、頭に繋がっています。
そのため方が緊張して血管を圧迫した状態が続くと、頭に届く酸素がたまり頭の欠陥に老廃物が溜まるのです。
この時に分泌されるホルモンが頭痛の原因になり、ひどい時には吐き気すら引き起こします。
頭と肩は少し離れていますが、血管で繋がっているので、肩の不調が頭の不調に繋がってしまうのです。

肩こりを解消させるための7つの方法

では肩こりを解消するにはどのような方法があるのでしょうか。
オーソドックスなストレッチやマッサージの他にも、日常生活に取り入れやすい方法も紹介していきます。

ストレッチ


ストレッチで肩の筋肉を伸ばすことで血流を促進させることができます。
首や胸や背中といった肩周辺の筋肉を伸ばすことで肩こりが少し楽になります。
仕事中でも時間を見つけて、座りながらまめにストレッチをしてみましょう。
日ごろで自分で伸ばすのも大事ですが、たまにはストレッチ専門のお店にいって伸ばしてもらうのも効果的です。

マッサージ


マッサージで外から刺激を加えることで、血流を促進させます。
首から肩にかけて、固まっている筋肉に沿ってさすってあげるだけでも、血流はよくなります。
あまりに頑固な凝りがある場合は、少し力をいれてほぐしてあげましょう。
肩こり解消に案外おすすめなのはハンドマッサージ。
実は手のひらの疲れが肩周りの血流を阻害している場合もあるのです。
キーボードを叩いて手のひらが疲れた時は、手の平や甲、指などももんでみましょう。
特に痛みが走る場合は優しく、もみほぐしてあげると効果的です。

運動


運動で全身の血液を流すことで、肩回りの緊張や張りもほぐれていきます。
また運動不足の方は体温が低くなっている場合が多く、冷えによる肩こりが起きている可能性も高いです。
定期的な運動で体温を上げることで、根本的に肩こりの原因をなくせるかもしれません。
ジムに行ったりスポーツを始めるのもいいですが、一駅分意識して早歩きするだけでも十分な運動になります。
日常に取り入れられる運動から始めるのもいいですね。

入浴


お風呂で身体を温めることで、全身の血流をよくすることができます。
入浴することでリラックスもできるので、肩の緊張もほぐれますね。
38~40℃のぬるめのお湯で、20分ぐらいかけてゆっくりつかりましょう。
あまり熱いお湯に入ってしまうと逆に筋肉を緊張させてしまったり、湯冷めさせてしまい逆効果になる場合もあります。
リラックスして入れる温度で入浴してくださいね。

温湿布を使う


毎日お風呂に入る時間を作るのが難しいという方は温湿布もおすすめです。
肩周りや首、鎖骨のあたりに張って温めることで、肩の緊張をほぐしてくれます。
温湿布はトウガラシ成分によって刺激を与え、患部の血流をよくしてくれます。
冷感湿布は逆に患部の血流を抑えてしまうので、まちがって冷たい湿布を貼らないように気をつけましょう。

蒸しタオルで目の温める


普段からパソコンを使っている人は、目の疲れによる肩こりが起きているかもしれません。
そんな方は蒸したタオルを目に当てて、目の緊張をほぐしてあげましょう。
あまり高温にしすぎて低温火傷にならないように気をつけてください。
目だけでなく、首に巻いて温めるのも効果的です。
タオルを蒸すのが面倒だという方は、市販の温まるアイマスクも同等の効果が得られます。
目の疲れがとれると、深く眠れるので肩の疲れもとれやすくなりますよ。

アボカドを食べる


肩こりに困っている方は食生活も見直してみましょう。
肩こり解消におすすめなのが、疲労回復効果で注目されているアボカド。
1日1/2個ほど食べ続けるだけでも、肩の疲れがとれて肩こりがよくなると言われています。
同じく疲労回復効果が期待できる焼きのりや、豚肉と一緒に食べるとより効果的です。
普段忙しくて料理をする余裕がない人も、アボカドなら皮をむいて食べるだけなのでお手軽ですね。


ストレス社会の現代で、どうしても避けられない肩こり。
しかし生活習慣を見直すことで緩和させることはできます。
しつこい頭痛を引き起こす前にしっかり解消しておきましょう。

他にも知りたい!肩こりに関する記事

辛い肩こり。改善するには「回すこと」が大事

辛い肩こり。改善するには「回すこと」が大事

超簡単!ひどい肩こりに効果的なストレッチ3選

超簡単!ひどい肩こりに効果的なストレッチ3選

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード