髪と頭皮のお悩み別ヘアケア方法を紹介!髪のトラブルが起こる原因って?

美しい髪は、女性を魅力的に引き立たせてくれますよね。
髪もお肌と同じで、間違ったケアや精神状態、頭皮などが原因でトラブルを起こしてしまうことがあります。
あなたのお悩みに合った髪の毛と頭皮のダブルのヘアケア方法で、髪のトラブルを改善しましょう!

美しい髪は、女性を魅力的に引き立たせてくれますよね。
髪もお肌と同じで、間違ったケアや精神状態、頭皮などが原因でトラブルを起こしてしまうことがあります。
あなたのお悩みに合った髪の毛と頭皮のダブルのヘアケア方法で、髪のトラブルを改善しましょう!

代表的な髪トラブルは3つ

あなたはどんな髪トラブルに悩まされていますか?
髪質、頭皮の状態によって種類はそれぞれですよね。
そのなかでも多くの人が悩みがちな3つの髪トラブルを紹介します。

白髪

「メラノサイト」という色素細胞の働きが鈍くなり、もともとは無色透明である髪の毛に色をつけられなくなることで白髪は生まれてしまいます。
加齢や遺伝によることもありますが、他にもストレスや薬の副作用、栄養不良などが原因です。
メラニン色素を失っている状態なので、頭皮の血行が悪くなってしまっているんです。

かゆみ・ベタつき

ただ、シャンプーやトリートメントが髪に合わないだけではありません。
ターンオーバーの乱れ、水分・油分バランスが崩れ皮脂の過剰分泌や乾燥が主な原因です。
頭皮が乾燥していると、かゆみを感じフケの発生に繋がります。
反対に頭皮がベタついていると、雑菌が繁殖しやすくなり臭いが発生してしまうことも!

切れ毛・パサつき

ブラッシングやブローを丁寧に行えていますか?
髪の切れ毛・パサつきは、髪内部の水分が失われている状態です。
コシやハリのない髪の毛は、抜けやすくなってしまうので要注意ですね!

髪ダメージの要因

髪をいたわっているつもりでも、常に髪は外に露出しているのでさまざまな要因でダメージを受けています。
一体何が髪ダメージに繋がっているのでしょうか。
髪の毛の性質も知っておくと、今後のヘアケアにとても役立ちますよ!

ドライヤーなどによる熱

髪の毛は熱に弱いです。
特に水分を含む湿った状態の髪は、乾いた状態より低い熱の温度でダメージを受けやすく、キューティクルをつくる成分のタンパク質が変性しやすくなってしまいます。
それが原因で髪が傷んでしまうんですね。

ヘアカラーやパーマなどの化学処理

髪は弱酸性なので酸には耐性がありますが、ヘアカラーやパーマはアルカリ性の化学品なのでキューティクルを溶かしてしまうのです!
よって、髪を染めたりパーマをかける頻度が多いとどんどん髪は細くなります。
でも、髪のオシャレにダメージはつきもの。
その後の自らのヘアケアが肝心になってくるので、怠らないようにしましょう!

摩擦

髪を乾かさずに寝てしまうことってありませんか?
髪が濡れた状態のまま寝てしまうと、枕と髪の毛の間で摩擦が起こり、キューティクルがはがれてしまう原因に。
また、絡まってしまった髪を櫛で無理やりとかそうとすることも摩擦を引き起こしてしまっています。

紫外線

紫外線は髪の大敵です!
人間の身体のなかで太陽から一番近い頭の髪の毛は、外出すればダイレクトに紫外線を浴びてしまいますよね。
枝毛、切れ毛の発生はもちろん、日焼けすることによって髪の毛の色が抜けてしまう恐れも!

タイプ別のヘアケア方法

白髪に対するヘアケア

頭皮マッサージ

マッサージで頭皮の血行を促進させ、メラノサイトを刺激しましょう!
ヘッドスパワイヤーや専用のブラシなど、家で手軽に頭皮マッサージができるグッズが多く販売されているので是非使ってみてください。

質の良い睡眠

寝付いてから3~4時間で就寝できるような質の良い睡眠をすると、ターンオーバーを促し、メラノサイトが若返ります。

かゆみ・ベタつきに対するヘアケア

頭皮が脂っぽい場合

髪を洗うのは1日に1回で十分です。
引き締め効果や殺菌効果のあるヘアトニックなどで、頭皮をすっきりさせましょう!

頭皮が乾燥している場合

水分や油分を補えるようなヘアケアが必要なので、洗浄力の高いシャンプーの使用は控えましょう。
フケやかゆみを取り除こうとして、爪を立てて髪を洗ったりブラシなどの道具で頭皮を傷つけたりしないよう心掛けてくださいね。

パサつき・切れ毛に対するヘアケア

丁寧なブロー

髪の毛を乾かす前に、タオルドライをしっかり行ったり洗い流さないトリートメントを塗布したりして髪を熱から保護してあげましょう。
温風で全体的に髪が乾いたら、次は冷風に切り替えて頭頂部から毛先に向かって風を当ててください。
熱によって開いてしまったキューティクルを閉ざしてくれる効果がありますよ!

紫外線対策

帽子や日傘、髪に振りかけられるスプレータイプの日焼け止めなどを取り入れて、髪へのダメージを最小限に抑えましょう!


以上、髪トラブルを改善するヘアケアを紹介しました。
今まで行っていたヘアケアを見直せたでしょうか?
髪は環境に影響されやすいので、その時に合ったヘアケアも心掛けられると未然に髪トラブルを防ぐことができます。
正しいヘアケアで健康的な髪になりましょう!
この後に髪に関する記事を載せたので、ぜひ見てみてくださいね。

他にも知りたい!ヘアケアの方法

肩こり・疲れ目解消!ツヤ髪効果も期待できる「うさぎのポーズ」のやり方

肩こり・疲れ目解消!ツヤ髪効果も期待できる「うさぎのポーズ」のやり方

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード