結婚式のお呼ばれゲストマナーをおさらい!【服装や持ち物】

もうすぐジューンブライドの季節ですね。
年齢を重ねると、結婚式に来ていく服装や持ち物に悩む事はありませんか?
今回は多くの方がやってしまいがちなマナーのNG例と、結婚式に参加する際に押さえておきたいゲストマナーを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

もうすぐジューンブライドの季節ですね。
年齢を重ねると、結婚式に来ていく服装や持ち物に悩む事はありませんか?今回は多くの方がやってしまいがちなマナーのNG例と、結婚式に参加する際に押さえておきたいゲストマナーを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

ジューンブライドって?

ジューンブライドは「6月の花嫁」という意味です。
「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」というヨーロッパの言い伝えがあるので、今では6月に結婚式を行うカップルは多いです。
しかし、6月は梅雨の季節。下記で雨が降ってしまうことも想定した服装のアドバイスもしていきますね。

結婚式では着ない方が良い服装NG例

全身「白」でのコーディネート

花嫁のウェディングドレスと被ってしまうので、全身「白」でコーディネートするのは控えましょう。
薄いベージュや薄いピンクなども遠目から見たら白いドレスに見える場合があるので、選ばないのが無難です。

ファーや動物の革製品

フォーマルな場において、ファー素材や動物の革製品は「殺生」をイメージさせるので避けたほうが良いでしょう。

ミニ丈や露出の多いドレス

胸元や背中が大きく開いた服や超ミニ丈のドレスなど、肌の露出が多いタイプもマナー違反です。
特に日中の結婚式では露出の高いドレスはNGとなります。

素足

結婚式のコーディネートになると女性の場合はスカートやワンピースが多くなるかと思います。
すると自ずと足が出てしまうのですが、素足はこういったフォーマルな場ではマナー違反と言われています。
ブラックや色物などもなるべく控え、ベージュのストッキングを選ぶのが無難です。

結婚式ゲスト服装マナー【和装】

未婚の場合

未婚女性は振り袖・中振り袖・訪問着のいずれかです。
花嫁さんが大振り袖を着用する場合には、格下の中振り袖か振り袖を選びましょう。
振り袖はとても美しく場に華を添えるのですが、花嫁衣装とは色被りしないよう事前に確認しておくと良いですよ。
雨が降ってる日には、和装用の雨コートや草履カバー、足袋カバーがあるので活用しましょう。

既婚女性

既婚女性は黒留袖・色留袖・訪問着のいずれかです。
結婚式に新郎新婦の親戚や姉妹兄弟として参列する場合、黒留袖は既婚女性の正礼装となるので、ゲストとして招かれた場合には着ないようにしましょう。
五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格の第一礼装の着物になりますので、黒留袖と同様の扱いになります。
訪問着は胸元にも模様があるので、テーブル席でも華やかさがでます。
色味をおさえる配慮は必要ですが、ゲストの和装としては最も無難といえるかもしれません。

小物選び

帯は華やかなものにしましょう。
二重太鼓を結ぶ袋帯は、フォーマルシーンで結ばれる帯です。
金糸や銀糸、白を使った華やかなデザインの袋帯は、結婚式や披露宴などのお祝いの席で結ばれます。

結婚式ゲスト服装マナー【洋装】

ドレス

午後4時ごろまでは肌の露出を避けたアフターヌーンドレスで、午後4時以降なら光沢のある素材がいいでしょう。肩や胸元の開いたイブニングドレスでも構いません。
6月はジメジメとした季節ですので、いつものブラックドレスより初夏らしくカラードレスなんて爽やかで素敵だと思いますよ!

ヒール

梅雨の時期は移動中に雨で靴が濡れてしまうこともあるので、披露宴会場に着いてから持参したフォーマル靴に履き替えることをオススメします。
防水スプレーをかけておけば汚れても拭き取るだけで綺麗になりますよ。

髪型

雨の日は湿気でボサボサになったりせっかく巻いてもカールが取れてしまったりするので、アレンジはアップスタイルがオススメです。綺麗にまとめられた髪型は、清潔感もあります。

結婚式ゲスト服装マナー【雨の日に持参したい物】

タオル

会場で用意されていることもありますが、自分で持っていれば雨が降ってしまってもすぐにふけますし、汗をかいた時でもさっとふけるので便利ですよね!

髪をセットできるもの

バッチリセットしたお呼ばれヘアでも雨が降っていると崩れたりしてしまうので、ヘアピンやワックスなどを持っていると対応できます。ささっとお直ししましょう!

ふくさ

雨の中移動してご祝儀が濡れてしまっては大変ですし、文字が滲んでしまったら格好悪いですよね。
これを防ぐためにも、マナーとしてもふくさを利用しましょう。

ストッキング、足袋

ストッキングの伝線はありがちなトラブルですよね。伝線したままのストッキングはよく目についてしまいます。
さらに雨が降っていると足元は濡れやすいので、必ず予備は持って行きましょう


以上、結婚式のお呼ばれゲストマナーについて紹介しました。
結婚式に参加するゲストの服装は、ふたりを祝福する気持ちのひとつとなります。
自分も幸せな気持ちになれるよう、ぜひこの記事を参考にしてマナーにあった装いをしてみましょう!
他にも読んでみてほしいオススメの記事をまとめたので、合わせて見てみてくださいね。

読んでみてほしいオススメの記事

紫外線は美白の大敵!原因・タイプ別シミのケア方法♡

日焼け止めの効果的な使い方とは?紫外線からお肌を守ろう!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード