【医師監修】あなたは大丈夫?女性のいびきの原因と改善する方法を紹介

女性だったら恥ずかしいと感じるいびき。
自分ではなかなか気づきにくく、意識して止めることもできません。
今回はいびきの原因と改善するための方法を紹介しています。
いびきをかいていないか心配な方は参考にしてください。


自分ではなかなか気づけないいびき。
多くの女性が家族などの指摘によって気付きますが、眠っている時のことなので自分で止めようもないですよね。

今回は女性がいびきをかく原因と改善する方法を紹介していきます。
日々の生活習慣を意識するだけでもいびきを改善させられるかもしれませんよ。

実は気付きにくい女性の「隠れいびき」

いびきと聞くと男性の「ガーッ」という大きないびきを連想するかもしれません。
肺活量の多い男性はいびきの音も大きくなりますが、女性は肺活量が小さいため、いびきの音も小さくなりがちです。

そのため、周りの人に指摘されて気付いているうちはいいですが、寝息のような小さないびきをかいている女性は案外多いものです。
実はいびきには性別の差はなく、いびきをかく女性は男性と同じくらいいるとも言われています。

じつは怖いいびきの障害


寝息のようないびきだったら、聞かれても恥ずかしくないから大丈夫と思う方もいるかもしれませんが、いびきのデメリットは恥ずかしいだけではないのです。
いびきは睡眠中の気道が狭くなって音が生じている現象なので、通常に比べて呼吸に使うエネルギーが多くなります。

普通に呼吸するよりストローで呼吸する方が大変なのをイメージしてもらうと分かると思います。
寝ている間にずっとストローをつけて呼吸したとしたらどうでしょう。
寝ていたとしても身体の疲れが取れるとは思えませんよね。

寝ても疲れがとれないと感じている人は、実はいびきが原因だったかもしれません。
いびきをかいている自覚はないけど、いくら寝ても疲れている人は一度病院でいびきをかいていないか検査してみるのもいいですね。

いびきの原因と改善方法

いびきは気道を狭くすることで起きますが、実は普段の生活の中に気道を狭くする原因がいっぱいあるので見ていきましょう。

口呼吸


例えば寝ている時に口呼吸をすると、気道を塞ぐことになりいびきを起こしやすくなります。
日中から口呼吸がクセになっている方は、寝ている間も口呼吸になるので、起きている時から鼻呼吸を意識してみましょう。

ストレス


ストレスもいびきの原因です。
ストレスによってホルモンバランスが崩れると、脳に酸素を大量に送るために口呼吸になりやすいのです。
普段から鼻呼吸を心がけていても、ストレスによって睡眠中に口呼吸になっていびきをかいている場合もあります。

ストレスから寝る前にお酒を飲むと、これもいびきの原因になります。
アルコールによって舌の筋肉がゆるむと、気道を塞いでしまっていびきをかきやすくなります。
いい眠りのためにも、お酒を控えるといいかもしれません。

肥満


肥満の方も要注意です。首回りの脂肪が気道を圧迫するため、いびきの原因になります。
肥満でなくても二重アゴが気になる方や、猫背の人は首回りの筋肉が弱っている場合があるので、いびきの原因になりやすいです。

小さいアゴ


二重アゴとは逆に、あごが小さすぎるのもいびきの原因になります。
アゴが小さければ気道も小さくなるため、いびきをかいているかもしれません。
噛む力が弱まることでアゴが小さい場合もあるので、普段からよく噛んで食事をするようにしてみください。

いびきが気になる人は生活の見直しを

いびきの原因を見てみると、普段のちょっとしたことが原因になっていると分かったでしょうか。
寝ている間のことはコントロールできないように思えますが、日中の過ごし方によって、いびきも睡眠の質もコントロールできるのです。
いびきの原因を見て心当たりのある人は、少しずつ改善していきましょう。

【医師監修】
医師:澤柳すばる

合わせて読みたい睡眠に関する記事

【医師監修】あなたの睡眠時間は大丈夫?健康にいい影響を与える睡眠の質の高め方

睡眠と食事の深い関係「こんなに影響するの?」

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード