【医師監修】これって夏バテの症状?原因と対策を知って夏を乗り切ろう

夏を楽しむためにも、気をつけたいのが夏バテ。
楽しいイベントがいっぱいあるのに、夏バテしていたらいつの間にか秋、なんてことは避けたいですよね。
今回夏バテの原因と対策を紹介していきます。
初期症状に気付いて早めに対策しましょう。


夏には楽しいことがいっぱい待ってますが、どれと同時にうだるような暑さも待ってますね。
夏バテなんてしてしまえば、楽しみにしていたイベントも全てパァになってしまいます。

今回はそんな夏を元気に乗り切るために、夏バテの原因と対策を紹介していきます。
日ごろの過ごし方を意識するだけで夏バテを予防できるので、自分の生活に取り入れてみてはいかがですか。

こんな症状がでたら夏バテのサインかも


まずは夏バテの症状について紹介していきます。
ひどくなってから夏バテだと気付くと回復にも時間がかかりますし、気付いたら夏が終わってたなんてことも。
初期症状で夏バテに気付けば、すぐに回復できるので、すぐに気づけるようにしましょう。

下記のような症状が出たら夏バテのサインかもしれないので気をつけましょう。

  • ・全身のだるさと疲労感
  • ・胃腸の働きが弱くなった
  • ・脱水症状
  • ・夜にうまく眠れない
  • ・食欲が出ない
  • ・吐き気、下痢、頭痛

症状が軽くても甘く見ず、初期の段階で対策すること大切です。

こんな生活が夏バテを引き起こす!夏バテの原因

夏バテを引き起こす原因についてみていきましょう。

急激な温度差による自立神経の乱れ


夏バテは夏の暑さだけで起きるわけではありません。
冷房の効きすぎた室内と外との温度差も原因の一つです。
室内と外とのギャップはストレスとなって自律神経を乱すため、体調を崩したり、全身のダルさを感じさせるのです。
食欲不振も自律神経の乱れが原因で起きる場合もあります。

汗の異常による水分不足


夏の炎天下の下にいると、汗のかきすぎにより水分不足を引き起こす場合があります。
水分が足りなくなることで、全身がだるくなり、めまいなどの原因にもなります。
逆に高温多湿の環境では毛穴がつまって、汗がかけなくなる場合もあります。
そうなると体温調整ができずに体調を崩してしまうのです。

夜の暑さによる睡眠不足


睡眠は体温の低下によっておきますが、夏の暑さによって夜も暑いままだとなかなか寝つけません。
眠りも浅くなってしまうため、睡眠時間の割に疲れもとれないのです。
睡眠が十分にとれないことで、疲れがたまって余計夏バテを引き起こすことになります。

試してみて!普段からできる夏バテ対策

夏バテの対策を紹介していきますので、取り入れられるものから試してみましょう。

室内の過ごし方に注意


まずはエアコンの部屋に入る時は気をつけましょう。
室内と外の温度が5℃以上違うと自立神経を乱しやすくなるのです。
自分の部屋であれば調整できますが、オフィスではなかなか温度までは調整できないと思います。
そのため、風が直接当たらないように位置を変えたり、夏でも長いパンツをはいたり、何か羽織ることで工夫しましょう。

食べるものにも気をつけて


夏の暑さで食欲がなくなると、食事を抜いたり簡単なもので済ましがちですが、余計夏バテを引き起こす原因になります。
タンパク質とビタミンを意識して、栄養価の高い食事を意識して口にしましょう。

ぐっすり眠る工夫をする


夏はぐっすり眠るのが難しいように感じますが、工夫すれば質の高い睡眠を手にできます。
寝る1時間前くらいにぬるめのお湯につかると、入浴後に体温が下がっていき自然に眠りにつけます。
また頭部を冷やすことで、より深い眠りを得られるので試してみてください。


 
何も工夫しなければ今の時代は夏バテを引き起こす原因がたくさんあります。
自分の意識だけで夏バテ対策できることもたくさんあるので、日々の生活を変えれないか見直してみましょう。

【医師監修】
医師:澤柳すばる

合わせて読みたい!健康に関する記事

私は大丈夫?生理中の経血で体の変化を知ってあげて!

これで眠れる!本当に睡眠に良い20の習慣

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード