背中太りの原因と背中痩せに効果的な運動を紹介

今回は背中が太る原因と背中痩せに効果的な運動を紹介します。
ぜひ試してキレイな背中を手にいれましょう。


普段自分で目にしないからこそ気になる背中太り。
背中にお肉がついていると、歳以上に老けて見られてしまうこともあるため、ある意味顔よりも繊細なパーツかもしれません。
自分以外のはみ出した背中のお肉を見ると分かりますよね。

今回は背中に贅肉がついてしまう原因と、背中を痩せさせる効果的な運動を紹介していきます。
背中痩せしてキレイな後ろ姿を手に入れましょう。

背中に贅肉がついてしまう原因

まずはなぜ背中に贅肉がついてしまうのか、その理由について見てみましょう。

猫背

女性でも意外に多い猫背、そもそもなぜ猫背になってしまうのでしょうか。
それは背中の筋肉が衰えているからです。
ビシッと背筋を伸ばしているには、案外背中の筋肉を使うので、筋肉がないと姿勢が崩れてしまいます。

猫背になれば余計背中の筋肉を使わなくなってしまい、衰えた背中に脂肪がつきやすくなってしまうのです。
まずは普段から背筋を伸ばすよう意識してみましょう。

椅子にもたれかかる

椅子に座るとき、深く腰かけて背中にもたれかかっていませんか。
実はそれも背中太りの原因なのです。

椅子にもたれかかると背もたれによって、背中が圧迫されて背中の血液やリンパが流れづらくなってしまうのです。

長時間その状態が続くと背中がむくんで、背中が太って見えてしまる原因になります。
座っている時も背筋を伸ばしておけば、背中の筋肉も使えるので意識してキレイな姿勢をキープしましょう。

加齢

背中に限りませんが、歳を重ねれば筋肉は衰えますし、筋肉が衰えた部位には脂肪がつきやすくなります。
通常の人であれば20歳を過ぎたあたりから、身体はどんどん衰えていき脂肪やセルライトがつきやすくなっていくと言われています。

しかし、エクササイズや普段の過ごし方によって衰えを抑えることはできるので、歳を重ねたからといってキレイな背中を諦める必要はありません。
これから紹介することを参考にして背中痩せしましょう。

背中痩せに効果的なエクササイズ

背中痩せに効くエクササイズを紹介するので、すこしずつでいいので毎日行いましょう。

健康骨のストレッチ

健康骨は背中の筋肉と密接な関係があるので、健康骨を動かすことは背中をキレイにするのに効果的なのです。
普段意識しなければ健康骨を動かす機会はあまりなく、固まりやすい場所でもあるので、意識して動かすようにしましょう。

健康骨のストレッチは両手を肩に当てて、前と後ろそれぞれ5回ほど回します。
健康骨が動いているのを確認しながら行いましょう。
また腰に手を当てて肩を上下に動かすのも効果的です。

背中のストレッチ

同じ姿勢で長くいると、背中の筋肉が固まって衰えてしまいます。
お風呂上りなどリラックスした時に背中の筋肉を伸ばしてあげましょう。

仰向けになって、膝を両手で抱きかかえるようにすると背中全体が伸ばされます。
気持ちいいくらいの状態で10秒間息を吐きながら伸ばしましょう。
また、同じく仰向けで膝をたて、反対側にひねるように倒すと背中の筋肉がねじれて伸ばされます。
顔を脚と反対側に倒すとより効果的です。

座りながら身体ねじり

仕事中、椅子に座りながらできるエクササイズも紹介します。
椅子に座りながら上半身をひねって後ろを向きましょう。
この姿勢で複式呼吸で3~5回ほど呼吸を繰り返します。

慣れてきた方は、両手を水平に伸ばしながら行うと健康骨周りも使うため、より効果的です。
仕事で一区切りついた度に行えば、いい息抜きにもなりますし、仕事もはかどりますね。


背中は本人が思っている以上に人に見られているため、背中の印象はその人の印象を大きく左右します。
キレイな背中を手にいれれば実年齢よりもずっと若く見られるので、顔と同じくらい大事にしたいですね。

合わせてやりたい!背中痩せのための運動

アップドッグのやり方と効果「ヨガで背中のダイエット方法」

美人は背中から!イケメンが教える「後ろ姿美人」になる方法

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード