美脚のためのむくみ解消方法とハーフスクワット

今回は、下半身集中痩せのためのトレーニング「ハーフスクワット」を紹介します。
定番のスクワットに一癖加えた手軽にできるトレーニングです。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

「脚には自信がない・・・」
という悩みから、履きたいボトムスを履けずに諦めていませんか?
ただ食事制限や運動するだけでは痩せられなかった下半身を、時短で即効なトレーニング「ハーフスクワット」でぐっと引き締めて、美脚を手に入れましょう!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

下半身がむくみやすい原因って?

身体の老廃物が溜まりやすい部位といえば、重力の影響を特に受けている下半身。
心臓から遠い位置にある足は、血液や水分などの循環が悪くなるので、むくみが起きやすくなります。
特に立ち仕事をしている方やデスクワークの方は、同じ姿勢を続けていることでむくみをさらに悪化させてしまうのです。

下半身のむくみを取る方法

下半身に溜まった老廃物の排出する方法は、「毎日1日に2ℓの水を飲むこと」です!
溜まった老廃物を排出するには、水分をたくさん摂って血の巡りをよくすることが重要です。

むくみ改善に効果的な水の飲み方

・朝起きたらすぐ、たっぷりの水を飲むようにする
・のどが渇く前に少量の水をこまめに飲む
・常温や白湯の状態だとより効果的
・寝る前はコップ一杯程度の水を飲む

水分が不足しがちな朝や、運動後、入浴後には水分を必ず摂取するように心がけてデトックス効果を促しましょう!

プラスで「ハーフスクワット」をやってみよう!

「筋トレの王様」とも呼ばれる、最も定番な筋トレの一つとされる「スクワット」。
太ももが地面と平行になるくらい腰を落とすスクワットを「ノーマル(パラレル)スクワット」といいます。
「ハーフスクワット」はノーマルスクワットよりも腰の位置が高く、ひざ裏の角度を45度くらいに曲げるスクワットです。
女性にも無理なくできる「ハーフスクワット」で、すっきり美脚を目指しましょう!

美脚トレーニング「ハーフスクワット」の効果

左右に体幹を移動させ、膝を深く曲げた方の片足に荷重がかかる運動なので、お尻や太もも、膝下までに力が入ります。
脚を曲げたり伸ばしたりする運動は、太ももから膝下までのほぼ全体に効果がでるので、ヒップアップと美脚づくりに期待できるのが魅力ですね。
また、ふらつかないように体幹や腹筋も使われるため、運動時間は短くてもカロリー消費量は多いのです!

美脚トレーニング「ハーフスクワット」の注意点

間違った方法でハーフスクワットを行うと、膝に過度な負担がかかり怪我に繋がってしまいます!
・足の幅を広げ過ぎない事
・膝を曲げたままで体幹(胴体)を横に移動させようとはしない事
以上の点に注意して、正しいフォームでトレーニングしましょう!
特に、両足の股関節や膝を伸ばしきって、立っている姿勢まで戻ってから、次の動作の逆の足の膝や股関節を曲げていく様にすることが重要です。

美脚トレーニング「ハーフスクワット」のやり方

1. 足を大きく広げ腕を組みます

足を大きく広げ腕を組みましょう。

2. お尻を引きながら右側に体重をかけ左ひざを伸ばします

お尻を引きながら右に体重をかけ左ひざを伸ばしましょう。

3. 左右を入れ替えましょう

左右を入れ替えて、スクワットをします。

すっきり美脚になるためのポイントその1

体重を前にかけないようにするため、膝がつま先より前に行かないように注意します。
お尻を突き出すようにしながら、腰を落としていきましょう。

すっきり美脚になるためのポイントその2

内ももの負荷を感じましょう。

4. 15回ほど繰り返します

15回ほど繰り返しましょう。


 

以上、すっきり美脚になるためのむくみ解消法と、トレーニング「ハーフスクワット」を紹介しました。
このトレーニングならテレビを見ながらでもできそうですし、女性にも実践しやすいので継続力もありますね!
一回での疲労は大きいのですが、その分効果は抜群なので是非チャレンジしてみましょう!
他に下半身痩せのための記事をまとめたので、合わせて見てみてくださいね。

【監修】
パーソナルトレーナー:湯浅陸
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

合わせてやりたい!下半身痩せのための運動

運動嫌いさん必見!下半身痩せのための簡単ヨガ

1分でできる☆簡単太もも痩せのための運動!縦開脚の方法と効果とは?

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード