私のBMIって大丈夫?女性の標準値と計算の仕方も紹介

肥満度を表す指数であるBMI。
体型を気にする女性なら自分のBMIが標準かどうか気になりますよね。
今回は女性の標準BMI値と計算の仕方を紹介しています。
BMIの考え方についても説明しているので、参考にしてください。

BMIという言葉を聞いたことがありますか。
身長と体重から、肥満度を表す体格指数として用いられる数値です。
単に体重だけを見て、何kgまで落としたいというのではなく、身長とのバランスで考えられるようになっています。

今回はBMIとはなんなのか。
その計算の仕方や、女性の標準の数値を紹介していきます。

BMIとは

まずはBMIとはなんなのか、どのように算出すればいいのか紹介していきます。

BMIの計算方法

BMIとは下記の計算式で求められます。

体重(kg)÷身長(cm) ÷身長(cm)

自分で計算しなくても下記のBMI計算機で身長と体重を入力すれば、算出してくれますよ。
BMI計算機

女性の標準BMI


自分のBMIを算出してみたところで、自分のBMIは高いのか低いのか、またどれくらいのBMIが理想なのかを知りたいですよね。

標準的なBMIは22と言われています。
BMIが19~25であれば健康的な体型と言えるでしょう。
ちなみにBMIが20を美容体重、19をモデル体重と言う場合もあります。
しかし、18.5を下回ると逆に危険なため、痩せすぎには注意しましょう。

BMIが25を超えると過体重、30を過ぎると肥満となるため気をつけてください。

BMIの考え方

BMIは1835年に、肥満度を表す指標として作られ、世界共通の計算方法で国際的に使われています。
しかし、BMIだけで肥満の判断や健康の基準にするのはどうかという声も上がっているのも事実です。
その根拠について見ていきましょう。

重要なのは体重より体脂肪

BMIは体重と身長のみを使って算出していますが、現代の考え方では体重よりも体脂肪を意識するのが主流です。
最近では身体を鍛える女性が増えてきましたが、筋肉は脂肪よりも重いため、鍛えている女性が鍛えていない女性より体重が重いことは普通にありえます。
筋肉によって体重が重い人も、BMIでは太っているという判断になるため、簡単に基準としては信じられませんね。

BMIの標準体型の幅が広すぎる

BMIでは18.5~25が標準体型とされています。
仮に身長160cmの女性で考えた場合は、標準体型の女性の体重は47kg~64㎏ということになります。
同じ身長で47kgの女性と64㎏の女性が、同じ標準という考え方では、太っているかどうかの判断にはしにくいですよね。

体重の増減は体脂肪だけじゃない

BMIでは体重だけにフォーカスを当てていますが、先ほどもいったように体重を増やすのは体脂肪だけではありません。
先に説明した通り、筋肉も重いですが、もう一つ重要なのが水分。
食べ物では100g落とすのも大変ですが、実は水分の増減で1~2kgは変動してしまうのです。
そのため短期的な体重の増減に一喜一憂しても、あまり意味がないのです。

女性の標準的な体脂肪率

体重よりも体脂肪の大事だと話しましたが、ではどれくらいの体脂肪が標準的なのでしょうか。

女性の脂肪率は男性より10%ほど高い

女性は胸やお尻に脂肪がつきやすいため、男性よりも脂肪率が高くて当たり前です。
標準の脂肪率も男性よりも10%ほど高い25~35%といったところです。
多くの女性が目指す理想のスタイルが20~25%ぐらいです。
モデルさんは10%後半の方が多いです。

体脂肪計の数値を気にしすぎない

体脂肪と聞くと多くの女性が思い浮かぶのが、体重計についてる体脂肪計。
しかし、通常の体重計では正確な体脂肪率を測ることはできず、頑張ってダイエットしているのに体脂肪が落ちないと、諦めたり過剰なダイエットをしてしまいます。
正確に体脂肪率を測りたいなら、病院やジムの精度の高い体組織計を利用しましょう。
定期的に通えば、体脂肪の増減を正確にチェックできます。


 

ダイエットというと体重を気にする女性は多いですが、美しい身体を目指すなら体重よりも体脂肪に着目しましょう。
体脂肪を落とすダイエットなら、キレイな身体を手に入れられますよ。

合わせて知りたい!健康に関する記事

「これならできる!」本当に簡単な健康習慣3選

たったこれだけ?疲れない7つの習慣

 

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード