1日1分エクササイズ!簡単ポーズで下腹を引き締めよう

今回紹介するのは、「1日1分エクササイズ!下腹を引き締めるための簡単なポーズ」です。

そろそろ本格的にお腹のお肉が気になってくる季節。
特に下腹が出ているとだらしない体に見えてしまいます。
「でも暑いしきつい運動はやりたくない」というのが本音ですよね。
今回紹介するのは、「1日1分エクササイズ!下腹を引き締めるための簡単なポーズ」です。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

現代女子に多い下腹ぽっこりの原因


現代の女性は、下腹が出ている人が多いと言われています。
そこには生活習慣が関係しているんです。
普段の生活で当てはまる方は要注意。

冷えによるむくみや脂肪


手足や下半身の冷えに悩んでいる女性は多いと思いますが、慢性的に冷え性の方は、おへそから下腹部にかけた部分が冷えている場合も多いと言われています。
一度、お腹に手を当てて温度を確かめてみてくださいね。

便秘


普段から便秘に悩まされている方は注意が必要です。
便秘によって腸の出口が塞がれてしまい、食べ物が腐敗してできるガスや便で膨らんでしまうと、下腹が出てしまうことも。

お腹周りの筋力低下


お腹まわりの筋肉は、普段の日常生活で使われていないとどんどん衰えていきます。
お腹の筋肉が衰えると、内臓を正しい位置に保つことができなくなり、内側から押された結果下腹が出てしまいます。

骨盤の歪み


骨盤が歪んでしまっていると、むくむだけでなく下腹ぽっこりの原因にもなります。
高いヒールを普段から履いていたり、足を組んで座ったりしてると、骨盤は歪んでしまいますよ。

長時間のデスクワーク


仕事をしていて気づいたら猫背になってしまっている、なんてこともよくありますよね。
現代ではパソコンに限らず、スマートフォンなど小さい画面を見る時間が長いので、自然と肩が中に入ってしまいます。
猫背は背筋や腹筋が衰えてしまうので、長時間のデスクワークをする方は注意です。

下腹を引き締めるための簡単なポーズの効果


このポーズは、腹式呼吸で行うので、インナーマッスルを使います。
インナーマッスルが鍛えられると、支えきれなくて出てしまっていた内臓を元の位置に戻してくれます。
一日約15分、家事の合間や、朝起きてからなどの空いた時間にやっていると、3日程でお腹が引っ込んでくるのを感じるようになります。
注意する点は、お尻を突き出さないで、太ももからお尻、下腹部に力を入れて引き締める事が必要なので、気をつけてやってみてくださいね。

下腹を引き締めるための簡単なポーズのやり方

1. 両足の親指とかかとをくっつけてまっすぐに立ちます

猫背にならないよう意識しましょう

2. 両腕を耳の後ろの上げ 両手を重ね息を吸いましょう

しっかりと耳の後ろに持っていきましょう

3. 息を吐きながら真上へ伸び上がります

息をゆっくり吐きながらまっすぐ上に伸びましょう

下腹を引き締めるための簡単ポーズのポイント1

両手は絡めないようにしましょう

4. 息を吐き切ったらそのまま7秒キープしましょう

息を吐き切ってからが大切です!


 
以上、
「1日1分エクササイズ!下腹を引き締めるための簡単なポーズ」を紹介しました。
1日1分毎日続ければ、効果は感じられると思うので、続けてみてくださいね。
そして、下腹が気になる方は、一度生活習慣を見直してみましょう!
きっとどこかに原因があるはずなので、自分の身体と向き合ってみるのもいいかもしれませんね。
他にくびれ作りのための記事をまとめたので、見てみてくださいね。

【監修】
ヨガインストラクター:西畑亜美
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

合わせてやりたい!くびれ作りのための運動

覚悟が必要!?1週間でお腹を痩せる超絶運動の5種目

くびれダイエットに最適!「ロシアンツイスト」のやり方と効果

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード